スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVC15

↑こいつ。
この、タイトルの横にいるウサギ。
このウサ公、じーっと見てると、たまにまばたきするんだよね。
気づいてた?
俺はわりと最近気づいた。

・・・

テレビの調子が悪い。
最近はテレビを以前ほど観ないんだけど、
それでもだいたい家にいるときはテレビをつけっぱなし。
逆に消しっぱなしの時もあるんだけど、
そうするとなんだか、取り残されたような気分になる。
まあ、取り残されたからってほんとはどうってことないんだけどさ。
で、取り残されちゃいかん、と思ってテレビをつけて、観ないでそのまま。
かわいそうなテレビ。

ブラウン管の寿命のようで、画面は暗いし色も悪い。
なんつーか、生きてない色。
ずっと見てると気が滅入りそうな。
でもま、映る限りは使ってやろう。
このテレビ、わりと思い入れがあるんだよね。
TATTOO MEでも何度か一緒にステージに上がってるし。

・・・

昨日あたりから、喉が痛い。
と言っても、風邪とかではなく、多分口内炎。
喉の奥か、舌の根元のあたりにできたのだろう。
これはさすがに薬も塗れない。
気が付けば口の中にもう一つ口内炎。
疲れが出たのかね?

・・・

深夜、階段猫のジョイ君と軽く戯れる。
ジョイ君は、夜中の方がフレンドリーだ。
ぐりぐりやってやると、小さなかすれた声で「ニャー」って言う。
そんなジョイ君の姿と、
長いこと会っていない、もしくは、
今はもう会えなくなった友達のイメージとが
何故かシンクロした。
具体的に誰ってわけじゃないんだけど。デジャヴュのような。
なんだろう。
夏のせい?

・・・

昨日も、今日この後も、次の新しい仕事の打ち合わせ。
よぉーし、いいもん作るべ。
スポンサーサイト

After the Gold Rush

8/29

雑誌用の撮影でまたメンバー集合。
撮り終わってすぐ解散。
帰り道で見かけたこんな光景。

kaitaisareteru.jpg

こういう光景にはなぜか惹かれる。
なんでだろうね?


夜、ツアーで酷使してきたギター達をきれいにしてやる。

→続きを読む

ツール・ド・西の方 終盤戦

8/27 RushBall 06

今年、林リーダーと高橋先輩とで行った某フェスとはうってかわって、
人が多くておまけにみんな若い。
うーん、フェスっぽくていい。

rushnosora.jpg

俺達の出たテントの中はとにかく暑かった。
その最高な光景は、しっかり目に焼き付いてる。

途中、前の柵が倒れそうになって危ない場面もあったけど、
みんな大丈夫だったかな。
ちなみに、この日東京から駆けつけたフィッシースタッフは
名誉の負傷。お大事に、、。

でも、フェスらしい熱いライブができたのは、
みんなのおかげだと思う。ありがとう。
来年は、でっかい方、行きたいねー。


出番を終えて、ヘバりつつもビールを飲みながら
義人パパと2人でゆらゆら帝国を観る。
つまり、フェス満喫。


心斎橋に戻って打ち上げ。
良いライブをやった後は、酒もメシもうまいのだ。
最後はカラオケまで。(高橋先輩は残念ながら早退。)

ふと気づくと、林・義人・ツカザキの3人だけになってる瞬間があった。
3人だけでも、俺達は手を抜かずに盛り上がったのだ。
何故なら、最高なライブの余韻に、
少しでも長く浸っていたかったからだ。
karaokeosa.jpg

ツール・ド・西の方 中盤戦

8/25 神戸/大阪

神戸でキャンペーン、その後Rush ball P。
Rush P、良かったなー。ほとんど最初から最後まで見てた。

さすがに疲れて早めに就寝。


8/26 大阪/神戸/大阪

神戸に戻ってキャンペーンの続き。
松原兄貴、お世話になりましたっ!

大阪に戻って、味穂。
夜は林リーダー&高橋先輩のDJを観戦しに2nd Lineへ。
なぜかマッサージ師と占い師がいたので、占ってもらってみた。
金払って占ってもらうのは初めてだったけど、
結構当たっててびっくり。
まあ、人の話を聞いてるようで聞いてないタイプなので、
忠告を守れる自信はないけど。

その後はさらにDROPでやってたGetting Betterへ。
なんだか賑やかな夜だったなー。

眠い。うん。

本日の入眠BGM
The Jimi Hendrix Experience / One Rainy Wish
Sonic Youth / Karen Koltrane
The Velvet Underground / All Tomorrow's Parties
など。

ツール・ド・西の方 その1

ツアー前半戦

ホテルの部屋からノートPCで日記更新。
デキる男のiBook G3。
って何年前のPCだよって、ねぇ。
しかも部屋での主な用途は、DVDを見たり音楽を聴いたり。
デキてない気がするのは、気のせいだ。


8/23 松山

本州から四国に渡る橋の上で、渦潮を見た。
四国に入ってからは、山、山、山。
車窓に流れる景色を見るのも、ツアーの楽しみの一つ。

そしてライブ。
REVERSLOWのライブは、最近また進化してると思う。
そしてこれからも進化し続けるだろう。
その足がかりとなるライブになったんじゃないかな。
来てくれたみんな、ありがとう!


8/24 神戸

今日のライブは、今まで以上に大騒ぎな感じだったかもしれないけど、
そんな中でも、バンド内の呼吸は「密」になってきてる。
もっと行くけどね。僕たち。

今日は、スロウカーヴとも久々の再会だったし、
BUGY CRAXONEのライブがとにかく圧巻だった。
そしてスロカと対バンすると、いつも楽屋のテーブルに
なぜかシーチキンが置いてあるんだけど、
その謎についてもナカムラくんから解説してもらってとてもスッキリ。

スタークラブ内で打ち上げ。
珍しい生き物がいたので、一緒に写真を撮ってみた。
06-08-25_00-03.jpg
気持ち悪いからあんまりくっつかないで欲しいよね。

そんなこんなで、残念ながら非常に楽しかった松原祭りでした。

黒猫のサンバ

8/18

うちの階段は常に猫まみれ。
2年ぐらい前に生まれてそのまま住み着いてる黒猫兄弟が3匹ぐらい。
(真っ黒なのでどうも見分けがつかない)
いつの間にか住み着いてたシマシマが1匹、
たぶん1階の老夫婦の飼い猫と思われるのがだいたい2匹。
まあとにかく、猫には事欠かない階段なのだ。

シマシマは臆病ですぐ逃げちゃうんだけど、
黒兄弟の中には、ゆっくり近づけば寄ってくるのもいる。
寄ってきたら、ぐりぐりやってやる。
ヤツも微妙に嬉しそうだ。
しばらくいじってると妙にじゃれてきたりするんだな。
でも、いかんせん野良なので、なんか汚いっぽい。
中性洗剤でジャブジャブ洗ってやりたいぐらいだ。
ね、ジョイ君。

俺がここに住み始めた頃は、
黒い老猫とちっこいシマシマのが居たんだけど、(どちらも野良)
2年前に相次いで死んじゃった。
寂しくなったなーなんて思ってたら、
気が付いたら前より増えてた。
つーか増えすぎだっつの。

そうだ、野良たちに勝手に名前を付けてやろう。
黒猫兄弟は、タンゴとサンバとジョイ、で良いか。
(見分けが付かないので3匹いるのか4匹いるのか、
 未だによくわからん。今度ちゃんと数えとく。)
シマシマは、うーん、パッと思いつかないなあ。
シマなのでとりあえず「大介」にしておくか。便宜上。
(ツッパリじゃなくてヤマトの方ね。)


・・・


8/19

夕方からDVDを観る。
glad.jpg
忌野清志郎&仲井戸麗市「GLAD ALL OVER」

そう。ほんとだったら今年の夏に同じ様な再会を観れるはずだった。
予定されてた野音のライブは明日20日だったのだ。

夕方6時から観賞スタート。
DVDと同じ様な時間の流れで日が暮れて、部屋も暗くなる。
ほんとに野音にいるような気分。
RC最後の年の野音の映像より、なんか2人ともいい顔してるなあ。

今年はこのDVDで我慢するけど、こんなお預けくっちゃったんだから、
これはまた絶対やって欲しいな。
待ってますから。


本日のBGM: 「チャンスは今夜」忌野清志郎&仲井戸麗市


Sound Only

毎年、うちの屋上から見えていた花火が、
うちから花火大会の方向に大きなビルが建ったせいで、
ほとんど見えなくなった。

それでも、音を聞くとそわそわしてしまって、
屋上に上がってみた。

夜空に反射して響く花火の音。
遠くの空が赤や緑に染まってる。
見上げるといつも通りの夜空で、
「それなり」に開けてるのに、
まるで目隠ししてるみたいに、花火だけが見えない。
なんだかな。チッ。


・・・


先日のハイラインレコーズでのインストアライブ、
たくさんのご来場、誠に感謝しております。
楽しんでいただけたでしょうか。

俺は基本的には「電気の力バンザイ」だけど、
こういうアコースティックなのも楽しいね。
これはまたやりたいな。


さて、次のライブは、と。
お、初の四国公演だね。
来週だね。意外とすぐだね。
よーし、うどんたち、待ってなさい。

mirage


夏、夏、夏。
クーラーの効いた部屋で居眠りして、夢を見ては、溜息。

夏、夏、夏。
あの海はまだ、あの風景を映してるのかな。

夏、夏、夏。
台風接近で大雨だった吉祥寺。遠い記憶。

夏が来て、夏が終わって、また夏を待って。
らせんを描く。

夏の真っ直中、焦燥感。
進め、進め、進め。


uminandesu2.jpg


・・・


さて、いよいよ本日8/9は、
この夏イチオシの大ヒット・ナンバー
REVERSLOW「チェイス/ハイヒール」の発売日だ。
クラウチング・スタートよろしく、レコード屋さんへダッシュだ。
友達の分、彼氏・彼女の分、兄弟の分、お父ちゃん・お母ちゃんの分、
片想いのあの人の分、お世話になったあの方の分、甥っ子・姪っ子の分、
全部買ったれ。

自分でもしつこいと思うけど、もう一回貼っておく。
CH_JK_lit.jpg“チェイス/ハイヒール”

そんなわけで、遂にバンドとしての1stシングルが出ました。
なんだかんだ言って、やっぱり感慨深い。
でもそれ以上に、
やっとスタート・ラインに立てたっていう思いの方が強いな。
そのスタートに相応しい、最高な3曲なので、
みんなに聴いて欲しいと心から思います。はい。


・・・


金曜日のインストア・ライブに向けて、
アコースティック・ギターを
ポロポロと、ジャカジャカと弾いてる。
ピロさんのゲスト参加もあるし、どんなライブになるのか、
自分でも楽しみ。


・・・


「伊藤美咲、彼氏募集」って、そういうことか。
ようするに五代裕作になれ、と。
ってことはアレだ、
あの「5YOU」って書いてあるスウェットを着ろ、ってことか。
うーーーん。
つーかそれ以前に、年齢制限をセルゲイ・ブブカ並に飛び越えてるね。
残念。


ステップ踏むのさBoogie Woogie

8/6

第2回・平井義人生誕記念バーベキュー大会

今年は人数もグっと増えて、楽しかったなー。
しかも、参加者のほとんどが30歳以上か3歳以下っていうね。
子供がいて、犬がいて、オッサンがいて。

義人ジュニア君にも初めて会ったよ。
プクプクしててかぁーいかったなー。

ピロさんも家族で参加。
禁煙中のはずなのにうまそうに煙草を吸うピロさん。
pirosansmoke.jpg
この後、奥様に叱られてた。


日が暮れた頃に、俺は早退して恵比寿に向かう。
リキッドのISHIKAWAさんのイベントへ。
フロアで高橋先輩と合流。

今日のお目当てはLonesome Dove Woodrows
ミドルナンバーの新曲がほんとに素晴らしかった!
ライブの盛り上がりも凄かったし。
かっちょよかったっす。
今日も俺はブギーをブチ込まれちゃったってわけさ。

終演後、物販コーナーでTARSHIさんと抱擁。
つーか、物販がTシャツの見本市みたいだった。
tsatukun.jpg



8/7

「伊藤美咲の彼氏を一般から募集」って何?
どこに応募すれば良いの?
ハガキの枚数は多い方が確率高かったりするの?
よォーしッ。


明後日、8/9発売!
しつこく書くぜ。
CH_JK_lit.jpg“チェイス/ハイヒール”

Free your iPod and your ass will follow.

iPodが壊れた。
ので、AppleStoreのジーニアス兄ちゃんの所へ持って行った。
一時的に復活したものの、やっぱダメ。

無くても良いんだけど、
無いとちょっと寂しくなるもの。
いつの間にか、iPodは自分の中でそういうものになってた。
便利な物って、一度手にしちゃうとダメだね、ほんと。

でも、このままガラクタになってしまうことには
どうにも納得行かない。
いろいろネットで調べてみたら、
「一度分解してそのまま元に戻しただけで直った」なんて話を見つけ、
んじゃ、分解してみっか、と。

ネットを参考に分解→戻し。
んで結果、直った。
分解するときに1本、中の線を切っちゃって
ディスプレイのバックライトが点かなくなっちゃったけど、
ま、聴けるからいいや。
(※保証が効かなくなるから、分解は自己責任でね。)


しかし、そもそも何で壊れたんかなあ。
一つだけ心当たりがあるのは、
壊れる前日にiPodのケースをコイツに変えたってこと。
ipodstone.jpg

そんなにイヤだったんかなあ。
ま、確かにダサいとは思うけど。


・・・

さてさて、今週水曜日、8月9日は、
REVERSLOWのバンド・デビュー・シングルとなる
「チェイス/ハイヒール」が遂に発売だ。
ライブではもうお馴染みの「チェイス」と「ハイヒール」、
さらに、オーバー・サーティーの皆さんならよくご存知、
若い皆さんには異文化コミュニケーションな、
『そして僕は途方に暮れる』のカヴァーも入ってる。
CH_JK_lit.jpg“チェイス/ハイヒール”
予約したって、良いんだぜ。


それからあれだ、11日の金曜日は、
HIGHLINE RECORDSにて、インストア・ライブだ。
滅多にやらないアコースティック・セットでのライブだ。
整理券をもらいに行きましょう。

夏の日2006

仕事の打ち合わせで、昼前に出かける。
いろいろと話した。
どんなものができるか、さて、お楽しみ。

帰り道。
権ノ助坂を登る。登る。
途中の中華屋で腹ごしらえ。
腹が減っては、坂は登れん。
食って、また登る。

「権ノ助坂」なんて、面白い名前だ。
きっと権ノ助がなんかやったんだろうな。
権ノ助は、どんなヤツだったんだろう?
東京は名前のある坂が多い。

坂を登りきって、ひと休み。
マクドナルドで、バニラシェイク。
喫煙席は、煙草を吸う必要がないくらいに煙たい。
それでも俺はラッキー・ストライクに火をつける。
悲しいかな、ニコチン中毒。

急いで帰る用事もないから、バスで帰ることにした。
一番前の席に陣取って、パノラマ、パノラマ。
東京の「わき腹」あたりを、
バスはすみやかに、ゆっくり進んで行く。
このまま終点まで行ってしまおうか?
でも、終点まで行っても
誰も、何も待ってないですよ。

バスを降りて、本屋で立ち読み。フムフム。
本屋を出て、家まで徒歩。テクテク。

この前まで大きなビルが建っていた場所に、
今は大きな穴があいている。
街は、変わり続けてる。
昔も、今も、これからも。

8月だってのに、今年はまだセミの声をあまり聴いていない。
こないだ聴いたミンミンゼミは、ヘタクソだったなあ。
「音痴だなあ」って思ったら、その後黙っちゃった。
自分でもわかったのかもな。

過ごしやすい夏も、まあ、悪くはないけど、
このまま夏が終わってしまうのは勘弁、だな。
一生のうちに迎えられる夏の数は、
きっとそんなに多くない。

家に着いて、机の上に足を放って
居眠り、居眠り。
面白い夢を見た気がするけど、覚えてない。
脳みそビデオがあれば良いのに。
目が覚めると外は真っ暗。
さてさて、夜の始まりです。
profile

ツカザキタカシ

  • Author:ツカザキタカシ
  • 眠たい日々、平凡な日常、
    退屈な非日常。

    一人活動:TATTOO ME
    バンド:golden
    活動凍結中:talk celebrity

    デザイン仕事:point

    twit2.gif


    TATTOO ME
    Live info.


    n/a

    info.: TATTOO ME WEBSITE


    golden
    Live info.


    '17/1/27(fri) 高円寺 HIGH
    w/ ArtTheaterGuild, Atonish Door, and more...

    info.: golden website


    other

    n/a


    Twitter




callender
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
recent entries
recommend





archives
リンク
ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。