スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Otherside

前にも書いた気がするけど、
十代の終り頃、自分にとっては特別な時期があった。

結局俺は、踏み出せなかったんじゃないかと思ってる。
踏み出していたら、今とは違う「向こう側」に行ってたんじゃないかと。

それがどんなところかは今でもわからないけど。
そんなもの無かったかもしれないけど。


二十代の頃は、そのことに囚われていた、というか、
それをどこかでいつも追い求めていた。
でも日々の生活の中でだんだんとそれも薄れて行き、
懐かしむことはあっても、そこに憧れることはなくなっていった。


地震があって、毎日が緊急事態という状況になって、
心のバランスは確実に崩れている。
多かれ少なかれ、みんなもきっとそうでしょう?

被災していない人間はとにかく頑張らなきゃいけないのに、
焦燥感や無力感、その他いろいろなものがいっしょくたになって、
なんだか現実感が薄い。
仕事がなかなか手につかない。


そんな中でまた、「あの頃」への想いが
フラッシュバックのように沸き上がってきた。
「あの頃」は俺にとって、
全体を見ることが出来なかった理想郷のかけら、
みたいなイメージになっている。
つまりは、現実逃避の窓口。
その先、なんて、実際あったかどうかわからないのに。


踏み込んでいたら、きっと今ここに居なかっただろう。
生きてすらいなかったかもしれない。
理想郷どころか、酷い現実が待っていたかもしれない。
それでも、現実逃避ってのは、いつだって甘い。
そしてどうしようもなく切ない。


こちら側を選んだのは自分なのだから、
踏みとどまった自分を尊重してやらないといけない。
実際、これについて後悔なんてしたことはない。
だって、あの頃の俺にそんな勇気が無かったのは
自分でよくわかっているから。

今を生きなきゃいけません。


なんつて。
ま、ひとりごと、ひとりごと。

でもさ、若かりし日のそんな記憶の一つや二つ、
みんな持ってんじゃない?

あ、ちなみに、恋愛とかそういう話じゃないよ。
そういうのは、また別。
そういうのもまあ、あるっちゃあるけど。笑


未来は明るいとは言えないけど、
ゆうべテレビで観たカズダンスは、
信じられないくらい美しく輝いていた。
2011年、僕らは生きているのだ。

おおイエイ。



B.G.M.
Otherside / Red Hot Chili Peppers

スポンサーサイト

Moonlight Mile

自分には何も言えることなんてないんです。
それに俺がこんなとこで何か言っても仕方ないでしょ?

たとえ放射能な雨が降ってきたって、
自分ただ、ここで自分の生活を続けるしかないのです。

生活を続けること
自分に今できること、そしてやらなきゃいけないことは
それしかないのかなと。


また音楽が鳴り響く日は、きっと来る。
何かの為、なんかじゃなくて、
聴きたい音、出したい音が、自由に鳴る日がまた来る。
そう願っているんです。


みんなで取り戻しましょう。


profile

ツカザキタカシ

  • Author:ツカザキタカシ
  • 眠たい日々、平凡な日常、
    退屈な非日常。

    一人活動:TATTOO ME
    バンド:golden
    活動凍結中:talk celebrity

    デザイン仕事:point

    twit2.gif


    TATTOO ME
    Live info.


    n/a

    info.: TATTOO ME WEBSITE


    golden
    Live info.


    '17/1/27(fri) 高円寺 HIGH
    w/ ArtTheaterGuild, Atonish Door, and more...

    info.: golden website


    other

    n/a


    Twitter




callender
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
recent entries
recommend





archives
リンク
ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。